弁護士に相談する利点

後遺症を後遺障害として等級認定をしてもらう場合、申請する方法には加害者側の保険会社が手続きを行う「事前認定」と、自分で必要なものを準備して認定してもらう「被害者請求」の2つの方法があります。

事前認定と被害者請求であれば、被害者請求のほうが手間はかかるものの被害者側に有利な認定をしてもらえると言われていますが、実際にはケースバイケースということもあるようです。例えば、身体的な症状で、欠損などはレントゲンで客観的に明らかにその症状を確認することができます。こうした場合には、被害者請求でかかる資料請求のための手間やコピー代などの諸費用を考えて事前認定で事足りる場合もあります。しかし、目に見えて明らかにされにくい神経障害などでは等級認定の判断が微妙なところになってきます。

事前認定と被害者請求ではどちらが自分に合っているのかわからない、必要な書類を集めるのが難しいといった場合には、専門家の手を借りるという方法があります。交通事故による後遺障害認定を得意にしている弁護士に相談することで、被害者請求で必要な書類を準備してもらったり、相談に乗ってもらうことができます。事故の後、体も心も落ち着かない状態で1から申請の準備をするのは大変なことです。被害者請求をする場合も、専門家の手を借りて必要な書類を弁護士に集めてもらうことで、わずらわしい手続きを軽減させることが可能になります。

▼関連情報▼
後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所