後遺障害の認定まで

「後遺症」が後遺障害として認定されるには、その症状が交通事故に起因しているものという証明と、治療を続けてもこれ以上改善や完治の見込みがない「症状固定」の状態にあることが必要となります。

この「症状固定」になったことを判断するのは医師ですが、加害者側の保険会社の中には、症状固定を促すように言ってくるところもあります。こうしたケースの場合、その言葉を鵜呑みにして焦って症状固定の診断書を送ってしまうと損害賠償額が抑えられてしまい、自分が不利になってしまいます。適切な賠償を求める上でも、症状固定のタイミングなどは信頼できる医師とよく相談をしながら決めていくことが大切です。

症状固定の段階になって、ようやくここから後遺障害等級認定の申請ができます。申請方法には事前認定と被害者請求の2種類があります。被害者が申請する際に手間が少なくスピーディーに済むのは事前認定ですが、事前認定は加害者側の保険会社によって手続きが行われる為、被害者側が不利な条件のままで進められることがあります。一方で、被害者請求の場合は自分で必要な書類などを集めなければならないため、手間がかかってしまいますが、有利な結果が出やすいというメリットもあります。