後遺障害の条件とは

医師から交通事故によって後遺症が残るかもしれないと言われると、誰でも不安な気持ちになることでしょう。後遺症は治療を続けても改善しない、完治しない身体もしくは精神的な症状のことを言います。時間が経過しても良くならない心身の不具合を抱え、もしかしたらその症状と今後長い間付き合って行くかもしれないと考えるだけで気持ちが落ち込んでしまうという人もいます。

しかし、もし後遺症が残ってしまった状態であっても、交通事故と後遺症との因果関係があり、医学的に証明されている時、後遺障害として損害賠償請求をすることができます。医師による後遺障害診断書と、必要な手続きを得ることによって、後遺障害等級認定を受けることができます

後遺障害等級認定を受けるためには、事故による症状が治療をこのまま継続しても改善の見込みがないという段階になるまで治療を続けなければいけません。治療を継続しても症状の改善が見られなくなった段階のことを「症状固定」と言います。まずは「症状固定」の段階まで来たことが証明されなければならないため、途中で治療をやめてしまうと後遺障害等級認定を受けることが非常に難しくなってしまいます。大変時間と手間がかかることではありますが、経過を観察してきた結果が必要になるため治療を続けましょう。