後遺症と後遺障害

交通事故に遭った際、ケガ自体が治った後も後遺症が残らないか心配になるという人は多いでしょう。交通事故被害者となった場合には、その後の保険や損害賠償の際にも後遺症は大きく影響を及ぼします。しかし、ただ単に「後遺症」と呼ばれる段階では必要な保証を受けられません。交通事故による損害賠償請求の対象となるのは、「後遺障害」と認められたケースになります。

「後遺症」と「後遺障害」は言葉としても似ており、一般的に「後遺症」という名前のほうがよく知られているため、2つの間の違いがよくわからないという人も多いでしょう。「後遺症」とは、治療を受けてもそれ以上改善の見込みがない、完治の見込みがない身体的または精神的な症状のことを示します。一方の「後遺障害」も、治療を続けても改善や完治の見込みがない状態にあたることを示しますが、更にその症状が交通事故に起因していること、その後の労働能力に影響が及ぶこと、それらが医学的に証明されていること、これらの条件が自賠責保険の等級認定に該当していることといった条件が満たされている状態を「後遺障害」と呼びます。つまり、条件から大まかに、後遺障害とは交通事故による後遺症の中でも自賠責保険の等級認定に該当しているものと言ってよいでしょう。

当サイトでは、後遺症と後遺障害の違いを知ること、そして後遺障害等級認定を受けるまでにはどのようにしたらよいかといった情報について紹介しています。