弁護士に相談する利点

後遺症を後遺障害として等級認定をしてもらう場合、申請する方法には加害者側の保険会社が手続きを行う「事前認定」と、自分で必要なものを準備して認定してもらう「被害者請求」の2つの方法があります。

事前認定と被害者請求であれば、被害者請求のほうが手間はかかるものの被害者側に有利な認定をしてもらえると言われていますが、実際にはケースバイケースということもあるようです。例えば、身体的な症状で、欠損などはレントゲンで客観的に明らかにその症状を確認することができます。こうした場合には、被害者請求でかかる資料請求のための手間やコピー代などの諸費用を考えて事前認定で事足りる場合もあります。しかし、目に見えて明らかにされにくい神経障害などでは等級認定の判断が微妙なところになってきます。

事前認定と被害者請求ではどちらが自分に合っているのかわからない、必要な書類を集めるのが難しいといった場合には、専門家の手を借りるという方法があります。交通事故による後遺障害認定を得意にしている弁護士に相談することで、被害者請求で必要な書類を準備してもらったり、相談に乗ってもらうことができます。事故の後、体も心も落ち着かない状態で1から申請の準備をするのは大変なことです。被害者請求をする場合も、専門家の手を借りて必要な書類を弁護士に集めてもらうことで、わずらわしい手続きを軽減させることが可能になります。

▼関連情報▼
後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所

後遺障害の認定まで

「後遺症」が後遺障害として認定されるには、その症状が交通事故に起因しているものという証明と、治療を続けてもこれ以上改善や完治の見込みがない「症状固定」の状態にあることが必要となります。

この「症状固定」になったことを判断するのは医師ですが、加害者側の保険会社の中には、症状固定を促すように言ってくるところもあります。こうしたケースの場合、その言葉を鵜呑みにして焦って症状固定の診断書を送ってしまうと損害賠償額が抑えられてしまい、自分が不利になってしまいます。適切な賠償を求める上でも、症状固定のタイミングなどは信頼できる医師とよく相談をしながら決めていくことが大切です。

症状固定の段階になって、ようやくここから後遺障害等級認定の申請ができます。申請方法には事前認定と被害者請求の2種類があります。被害者が申請する際に手間が少なくスピーディーに済むのは事前認定ですが、事前認定は加害者側の保険会社によって手続きが行われる為、被害者側が不利な条件のままで進められることがあります。一方で、被害者請求の場合は自分で必要な書類などを集めなければならないため、手間がかかってしまいますが、有利な結果が出やすいというメリットもあります。

後遺障害の条件とは

医師から交通事故によって後遺症が残るかもしれないと言われると、誰でも不安な気持ちになることでしょう。後遺症は治療を続けても改善しない、完治しない身体もしくは精神的な症状のことを言います。時間が経過しても良くならない心身の不具合を抱え、もしかしたらその症状と今後長い間付き合って行くかもしれないと考えるだけで気持ちが落ち込んでしまうという人もいます。

しかし、もし後遺症が残ってしまった状態であっても、交通事故と後遺症との因果関係があり、医学的に証明されている時、後遺障害として損害賠償請求をすることができます。医師による後遺障害診断書と、必要な手続きを得ることによって、後遺障害等級認定を受けることができます

後遺障害等級認定を受けるためには、事故による症状が治療をこのまま継続しても改善の見込みがないという段階になるまで治療を続けなければいけません。治療を継続しても症状の改善が見られなくなった段階のことを「症状固定」と言います。まずは「症状固定」の段階まで来たことが証明されなければならないため、途中で治療をやめてしまうと後遺障害等級認定を受けることが非常に難しくなってしまいます。大変時間と手間がかかることではありますが、経過を観察してきた結果が必要になるため治療を続けましょう。

後遺症と後遺障害

交通事故に遭った際、ケガ自体が治った後も後遺症が残らないか心配になるという人は多いでしょう。交通事故被害者となった場合には、その後の保険や損害賠償の際にも後遺症は大きく影響を及ぼします。しかし、ただ単に「後遺症」と呼ばれる段階では必要な保証を受けられません。交通事故による損害賠償請求の対象となるのは、「後遺障害」と認められたケースになります。

「後遺症」と「後遺障害」は言葉としても似ており、一般的に「後遺症」という名前のほうがよく知られているため、2つの間の違いがよくわからないという人も多いでしょう。「後遺症」とは、治療を受けてもそれ以上改善の見込みがない、完治の見込みがない身体的または精神的な症状のことを示します。一方の「後遺障害」も、治療を続けても改善や完治の見込みがない状態にあたることを示しますが、更にその症状が交通事故に起因していること、その後の労働能力に影響が及ぶこと、それらが医学的に証明されていること、これらの条件が自賠責保険の等級認定に該当していることといった条件が満たされている状態を「後遺障害」と呼びます。つまり、条件から大まかに、後遺障害とは交通事故による後遺症の中でも自賠責保険の等級認定に該当しているものと言ってよいでしょう。

当サイトでは、後遺症と後遺障害の違いを知ること、そして後遺障害等級認定を受けるまでにはどのようにしたらよいかといった情報について紹介しています。